湯種パンの素

湯種とは、小麦粉を熱湯でこねて、小麦粉中のでん粉をα化させたもので、
小麦粉本来の甘みと旨みが引き出され、もっちりしっとりとした食感のパンが
焼けるらしいのですが、わざわざ湯種を作るのは…と、試さずにいました。

いつもパン用の小麦粉やバターなどの材料を購入しているお店で「湯種パンの素」と
言うものを見つけたので、試しに使ってみることにしました。

いつものパンの材料に「湯種パンの素」を加えるだけ。粉末状なので、とても使いやすいです。
そしていつもの通り、後はホームベーカリーにおまかせ。
a0027972_1347226.jpg
焼きあがったパンを触ると、いつもとは違って、フワフワした感じが強く
昨日焼いて、今朝切ってみたのですが、フワフワして切るとつぶれてしまいそうな柔らかさ。

a0027972_13484911.jpg
卵サンドとハムサンド。
フワフワ感にモチモチした食感が加わって、うまーい('Д')

袋に書いてあった水分量だと、かなりべたついた生地になってしまったので、今度はもう少し
水分を減らして焼いてみます。
[PR]
by atorachima | 2009-06-04 13:52 | 手作りパン