救援物資 その2

各地から届けられた、救援物資を分配し配布する作業が続いています。
町内の高齢の役員さんたちが中心になって、毎日頑張ってます。
地区の約1000所帯分の袋詰めをするだけでも、相当な労力と時間が掛かります。
もう物資を運ぶために、自衛隊の方の助けは借りられないので、自分たちで
役場へ取りに行かなくてはなりません。(そうしないと支給してもらえない)
ガソリン無いのに!?どうすんだ!?


初めての物資支給は、それぞれ袋を持ってきて配布するという形でしたが
かなり混乱したため、袋に詰めて世帯ごとに配布する形になりました。
区長さんたちが頑張って、各家庭に「引換券」を配布し物資と引き換える

ハズだったんですけど…


居ましたよ「引換券」をコピーして何個も持っていったヤツが!


明らかに紙質が違うものを持ってきた人は、その場で対処したらしいですが
混雑時を狙って、コピーした引換券で交換した人も居たらしく、10件ほど
見逃してしまったとの事。


物が乏しいと、心まで貧しくなっちまうんだなぁ~
おじさんの言葉が響きました。

「大丈夫!そんな人にはきっと良いこと無いから!」と笑い飛ばした
役員さんやお手伝いの人たち。


物資を仕分けしている人だって被災者です。
地震直後から、避難のこと物資や色んなこと、休みなくずーっと頑張ってます。
ただ受け取るだけの人、少し考えてみませんか?と言いたくなった出来事でした。
[PR]
Commented by peanut-street at 2011-03-29 13:58
1000所帯多いですね。
やっと終わったと思ったら次の仕事が来るということでしょうか。

コピー・・ねぇ
こちらでもガソリン給油券のコピーが出ましたけど
よくも思いついて実行すると思って(-_-;)

こちらの避難所ではご飯の準備を被災者に手伝ってもらっているそうです。いつまでもお客様状態では申し訳ないし気がまぎれると
いうことらしいですが、すべての人に意識の転換を求めるのも難しいですね。
Commented by atorachima at 2011-03-30 14:38
◇ばななさん、こんにちは~^^
表で物資を配布しつつ、裏では袋詰め作業、これの繰り返しです。
作業は大変ですが、これもスムーズに救援物資配るためだと思えば
筋肉痛もなんのその!

給油券のコピーまで(>Д<;)どこでも、ずるいことを考える人が;
引換券をコピーする人が居るかもなぁと、ちょっと頭を過りましたが
まさかホントに実行に移すとは。。
おかげで2回目以降の引換券は、住所と世帯主の記名まで
することになっちゃいました。
おじいちゃんたちは配布が始まる度に、偽物引き換え券に
目を光らせてます。

私の住んでいる地区は、比較的被害も少なく自分たちで出来事は
自分たちでやらないと!と思っている人が多いです。
ごく一部の心無い人たちのせいで、頑張ってる人たちの
気持ちが折られてしまうことが残念で仕方がありません。

でも負けない!(´∇`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atorachima | 2011-03-29 10:33 | 日常のこと | Comments(2)